花瓶に入った花

ブーケはプリザーブドフラワーが最適

色とりどりの花束

私は、自分の結婚式にプリザーブドフラワーのブーケを作成したのですが、非常に良い思い出になり良かったです。まず生花のブーケは、枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーは、枯れないという長所があるので、結婚式が終わってからしばらく飾っておく事も可能でしたし、枯れないけど造花とは違う華々しさがあるので、見た目も綺麗で皆から好評でした。
どちらかというと色鮮やかなブーケの色合いが多いですが、プリザーブドフラワーは、シックな色合いのブーケを作れるというのも良かったです。どちらかというと、寒色系が好きな私は、アイスブルーやミントブルーなど、青系のブーケを作りました。見た目は、シックだけど花は薔薇などのプリザーブドフラワーにしたため、見劣りはしませんでした。
保存方法は袋に入れて箱にしまっておいただけなのですが、結婚式から8年後ぐらいにアンティークフラワーが流行った時期にプリザーブドフラワーを見たら、良い感じに色落ちしていて、薔薇やアジサイなどを何本か抜き取り、部屋のインテリアにするために再アレンジしました。まさか、あの時のプリザーブドフラワーが使えるとは、思っていませんでしたが、色落ちは少しあるものの崩れずにブーケが残っているので、時々見ては思い出すきっかけにもなっています。

Contents

TOP